第71期 #2

隻手の音を聴け

24 男は、両の瞼をゆっくりと開ける。
33 凝縮していく地平。
15 陽に乾いてささくれ立った畳。
17 「起きた?」
18 水仕事をしながら、女はいつも障子越しに男へ声を掛けた。
26 磨り硝子の障子に仕切られた水屋。
28 其処に、女の姿はもう無い。
25 醜い染みが広がって行く様に、じわりと上体を起こす。
30 窓の桟に両肘を突いて、窓外を見遣る。
13 そして、鮮やかな風景が拡がって行く。
01 燃える夕暮れの街。
36 もうすぐ、闇が落ちてくる。
03 杖を突いた老人が、歩みを止め息を吐く。
31 全身の力を抜き去る様に、ゆっくりと両の瞼を落とす。
27 そして暫し間を置いて、弾かれた様に開ける。
35 それからゆったりとした足取りで、橙に呑み込まれていく。
05 バスケットボールをつきながら、子供らが無邪気に笑い合う。
08 薄汚れた野良犬が、身体を引き摺る様に通りを彷徨う。
02 濃紫の尾を伸ばす電信柱。
11 野良犬は、鼻面を押し付けて、その臭いを嗅ぐ。
22 それも、ながくは続かない。
34 野良犬は何か醒めた様に、不意に頭を上げる。
04 その脇を、母子と思しき二人が、手をつないで過ぎて行く。
19 女が身を捩って顔を覗き込む。
21 互いに見つめ合い、内から自然溢れる微笑みを湛えている。
07 遠くから、豆腐屋のラッパが聞こえて来る。
14 物の殆ど無いアパートの一室。
09 男物の、黒い革手袋。
06 宙に放り投げ、弄ぶ。
29 男は、拭い去れない懐かしさに、少し身を委ねる。
12 やがてその脳裡に、人影が揺らぐ。
32
20 「起きたよ」
16 静かに横たわるひとりの男。
10 打ち捨てられたのか、或いは唯其処に在るだけなのか。
23 存在するものは、いつだって気紛れだ。


Copyright © 2008 くわず / 編集: 短編