第48期 #5

TimeLine

 彼は走っていた。
 見慣れた町並みの中を、ただ無心に進んでいく。
 東の海から8月の太陽が昇る。

 彼は爽やかな朝露の匂いの中を走っていく。
 誰かが彼に話しかける。
 目の前を野良猫が横切る。
 背後で妻に殴られた男が呻き声をあげる。
 近くで電柱にバイクが衝突する。
 そんなことは彼は気にしない。
 公園を突っ切り、畑を跳び越し、気がつけば知らない道にいた。
 けれど彼は止まらない。
 風の呼ぶほうへ、ひたすら真っ直ぐ走り続けた。

 蝉の声が響く。
 気温が上がる。
 彼はまだ走っていた。
 真上には太陽が浮かんでいて、彼に蒸し暑い光を当てている。
 焼けるアスファルトの上を、揺れる空気の中を、いつまでも彼は走る。
 ビルの作る影の間を、都会の人間たちの僅かな隙間をすり抜けるように通り過ぎていく。

 すでに彼の瞳には何も映っていない。
 太陽が西に傾きつつあることも、彼は知らない。
 主婦たちがその日の夕食を作り始める頃、
 電車が部活帰りの学生たちでいっぱいになる頃、
 彼は終わりの見えない一本道を走っていた。

 雲が燃える。
 茜色に染まった空が、少しずつ怪しげな紫に変色していく。
 彼は疲れきって倒れこんだ。
 広大な草原の真ん中、周りに人家はない。
 彼が通ってきた道の向こうに、小さく街灯の明かりが見える。
 風が、彼の熱を奪っていく。
 ・・・追いつけなかったか。
 彼の呟きが、夜空に虚しく消えていった。
 満天の星空の下で、彼は瞳を閉じた。

 彼は、明日もまた風を追って走る。


Copyright © 2006 烏賊章魚 / 編集: 短編