第75期 #15

夢 〜DREAM〜

 波の音しか聞こえない……。
 僕は無力だった。
 何もできない。
 理由なんて関係ない。
 ただ、僕はその絶対的で圧倒的な現実に対して、そのすべてを 拒否したかった。
 さて、どうする。
 この先をどう書き進めていけばいいんだ。
 僕には……わからない。

 翌日。
 僕は、いつものように悩んでいた。
 その時――
 脳裏で何かが弾けた。
 これは……。
 使えるかもしれない。
 僕は、急いでパソコンの前に座ると、早速書き始めた。

 できた。
 僕は満足していた。
 この作品に敵うものなど、ないと思った。
 まさに、最高傑作。
 僕は、そう思って疑わなかった。

 完成してから、一週間たった。
 読み返してみる。
 駄作だった。

 小説家の夢はあきらめた。
 ――漫画家になろう。


Copyright © 2008 田崎 貴貴 / 編集: 短編