現在の投票状況

第185期予選の投票状況です。4人より8票を頂いています。

#題名作者得票数
2蜘蛛58951
3ぬるっと暑いこんな日はウワノソラ。1
5おでんわ雪深うず女1
10手続きeuReka1
12私立うっふん学園テックスロー1
未公開票3

2018年2月23日 20時1分11秒

推薦作品
手続き(euReka)
感想
この作品だけは腑に落ちたというか、もやっとしなかったので(この票の参照用リンク

2018年2月22日 0時12分9秒

推薦作品
おでんわ(雪深うず女)
感想
言葉というものは自分で思うよりも不確実であり局地的には意図などまったく伝わりはしないが、続けていくうちにそれでもなんとなく伝わるものがあったりするのだということを骨子として電話になぞらえ、聞き間違いがいい感じに混ざってきた頃合いで食べ物やザーメンなどの単語を捻じ込む遊び心をもつ作品。
二つの意味を持つ言葉を甲と乙がそれぞれ違う解釈をしたまま話がすすんでいくという小話でもあり、韻を踏みあうラップとしての側面も感じた。
そうじゃありません→相違ありませんというまったく逆の聞き違いに端を発した一連の流れだけれど、実生活でもメッセージの誤変換をいちいち指摘したりはしないし、電話は往々にして空耳と解釈と探りで構成されているなあと思った。(この票の参照用リンク

2018年2月21日 20時35分9秒

推薦作品
(結果発表まで非公開)
推薦作品
(結果発表まで非公開)
推薦作品
(結果発表まで非公開)

2018年2月20日 11時29分11秒

推薦作品
蜘蛛(5895)
感想
読んで気持ち悪いと感じたから、成功しているのだと思う。(この票の参照用リンク
推薦作品
ぬるっと暑いこんな日は(ウワノソラ。)
感想
読者の年齢によって、感じ方が変わるだろうけど、時間軸が少し古いだけで小説の色が変わる。(この票の参照用リンク
推薦作品
私立うっふん学園(テックスロー)
感想
この手のナンセンスな小説で、オチがきれいに決まると、全体が引き締まる。 くだらなさが好き。(この票の参照用リンク

編集:短編 / 管理者連絡先: webmaster@tanpen.jp