現在の投票状況

第177期予選の投票状況です。5人より13票を頂いています。

#題名作者得票数
10いまそこに風が吹いているからeuReka4
1さよならの先たなかなつみ3
8アプローチわがまま娘2
3一揆テックスロー1
4神輿とまわし岩西 健治1
11ビゼーの交響曲宇加谷 研一郎1
12痺れマーシャ・ウェイン1

2017年6月25日 20時2分54秒

推薦作品
一揆(テックスロー)
感想
面白かったです。今期の作品で一番楽しめた作品でした。
>国会議事堂などには足を向けない。そこには俺たちのコメはない。
この文章がとても印象的で、素敵でした(笑)

読んだ、というより読ませられた、という感覚が読後にありましたね。
二度読みの際に注視してみれば、私だったら打たないところに読点、句点があり、
その一行だけを抜いて読むと読みにくいのに、遠しで読むと妙なリズム感で流れ良く読めちゃう。
個人的に参考になる作品でもありました。(弥生 灯火)(この票の参照用リンク
推薦作品
アプローチ(わがまま娘)
感想
ささいな日常の一幕で、共感を覚える作品でした。
これ、タイトルといい、トイレ掃除をアプローチと捉えているんですけど、
必ずしもそうではないんじゃないかなあ、なんて思える、読者に想像の選択肢を残す辺りが、
ただ日常の話を書いただけではないんだぜ、なんて作者は思っていると深読みしてみたり、してみたり。

書き出しはカズキの一人称だと思うんですけど、途中から三人称と合わさった感じで、少し読みにくかったのが残念です。
恋のアプローチ、だと思っているカズキの、徹頭徹尾の一人称で良かったんじゃないかなあ。
(弥生 灯火)(この票の参照用リンク
推薦作品
いまそこに風が吹いているから(euReka)
感想
一言で済ますなら、なんだかよく分からないけど、ちょっと不思議で面白い、SF作品。藤○不二雄か!?(注:個人的印象です)
ストーリー云々という作品ではなく、穿った見方をすれば、熟れた文章書ける人ならこれぐらいすぐ出来てしまうのでは、と思わないでもない作品だったかなあ。それでいて一抹の面白さは提示されているので、タチが悪い(笑)
それぐらい文章の運びに関しては読みにくい箇所もなく、お手本のようでした。でも達者すぎて参考にならない・・・
(弥生 灯火)(この票の参照用リンク

2017年6月19日 0時21分39秒

推薦作品
さよならの先(たなかなつみ)
感想
ど素人の感想です。申し訳ございません。

身体が痛くって、いらなくなる気持ち分かります。
私的ですが、グロテスクな内容なのに、そう感じさせないのが良かったです。
有難う御座いました。
この票の参照用リンク
推薦作品
いまそこに風が吹いているから(euReka)
感想
ど素人な感想です。申し訳ございません。

本当に、この作者様の世界観は、素晴らしく、果てしなく広いと思います。(生意気な文章すいません)

題名に重要な意味が込められているのが、素敵です。
宇宙人。もしかしたら、私の近くにもいるのかなあ?って思ってしまいました。
有難う御座いました。(この票の参照用リンク
推薦作品
痺れ(マーシャ・ウェイン)
感想
ど素人の感想です。申し訳ございません。

痺れが切れ始める描写。分かりやすいなあ〜って、読み進めていくと、
えっ? 夜の営みの事? しかも覚えてへんし!って思ってしまいました。
面白かったです。 有難う御座いました。(この票の参照用リンク

2017年6月17日 0時55分11秒

推薦作品
さよならの先(たなかなつみ)
感想
何かシュールな感じもありましたが、自分の世界観に確固たる自信があるのだと思いました。(この票の参照用リンク
推薦作品
神輿とまわし(岩西 健治)
感想
これから小説を執筆しようとしているが外が騒がしい。祭りだ。祭りは典型的な夏の季語ですが、この小説では奉納とか、力士とか、伝統を感じました。(この票の参照用リンク
推薦作品
いまそこに風が吹いているから(euReka)
感想
面白い発想ですね。宇宙人を調べて見たくなりました。(この票の参照用リンク

2017年6月16日 22時30分31秒

推薦作品
さよならの先(たなかなつみ)
感想
泣き出すシーンとかいきなり出て来て少し理解が難しかったが読み進めると作品の流れが理解できてとても読みやすかった。(この票の参照用リンク

2017年6月15日 21時31分24秒

推薦作品
アプローチ(わがまま娘)
感想
 少し、違うものが書きたかったのでしょうか。不完全さがいいと思います。
 細かい感想は掲示板で。(この票の参照用リンク
推薦作品
いまそこに風が吹いているから(euReka)
感想
 書きたい感覚があって、それをうまく言葉に変換できていると思います。
 細かい感想は掲示板で。(この票の参照用リンク
推薦作品
ビゼーの交響曲(宇加谷 研一郎)
感想
 合わないときは合いませんが、今回は作者の良い面が見られました。
 細かい感想は掲示板で。(この票の参照用リンク

編集:短編 / 管理者連絡先: webmaster@tanpen.jp